2012'08.01 (Wed)

だから僕は、Hができない。 第4話「胸囲の格差社会」



イリアまでも桃園学園に転校してきましたw 
やはり特異者を狙って来たのか?


良介はすっかりイリアの胸にメロメロだし( ̄▽ ̄)
いつエナジー補給源を取られてちゃうか、リサラさんも気が気でなかったりw

【More・・・】


 


前回あんな目にあったのに、懲りない良介(^^;
イリアに胸の前には、ちっぽけなこと(違)




そのイリアちゃんが、良介のクラスに転校してくる。
担任の先生がロリなのも気になります(´▽`*)

アイドルなので当然人気なイリアちゃん。
握手会に乗じて特異者を探してる?




イリアちゃんは、『メルロー人生保障』と関係なく
個人的にリサラに対抗するために、特異者探しに来たようです。

言い争う二人を止めに入った良介。
女の子は戦っちゃだめ!

そんな良介にキュールちゃんはフラグを立てちゃった?



イリアに心傾いてる良介は放っておき、リサラは一人で特異者探し。
担任の乱橋先生ちゃんから 八奇衆の一人が2年生だって情報をゲット。

入学したその日に選ばれたという猛者。
何十年に一人の逸材だと謳われた人物で
たまに図書室で集会を開いているらしい。




校内を案内してってイリアは、良介を女子更衣室に引き入れる。

すごい妄想力で、無人の女子更衣室にも女子の残像が見えるとかw



で、イリアは良介のエナジーに目をつけてるので
篭絡するために、生着替えでサービス!



そんなイリアを拝んじゃう良介。 
もうこんな主人公いやだw

イリアはエナジーを取ろうと、サービスサービス♪
でも、良介のエナジーはあまり上がらない?



一方、八奇衆の一人がいる図書室に向かっていたリサラちゃん。
また謎の敵の襲撃を受ける。

屋上で戦闘となって、キュールたちまで巻き込まれる。
リサラもキュールもピンチに




戦いに気付き、駆けつけた良介とイリア。
イリアは敵がメルローの作ったものと気付きます。

リサラは自分が倒すライバルだから邪魔はさせない。
ってことで、リサラと共同戦線で戦うことにしたイリアちゃん。


しかし、リサラに補充するエナジーが無い良介(^^;



ところが、また攻撃を受けて羞恥の声をあげるリサラの姿が良介のハートを直撃。

見るなぁー馬鹿ぁ!(///)

大事なのは、恥じらいなのか?(ぇ)



俺のキングダムがスパーキングだーー!!

復活した良介のエナジーで リサラさんも満タンにw



イリヤの巨乳よりも自分に反応した良介に、リサラさん嬉しそうだしw
敵は今回も瞬殺でした( ̄▽ ̄)



爆発で飛ばされた良介は、イリヤの胸に...
あれ? 縮んでる~!?

偽乳だったイリヤさん(^^;



いや~ん、見ちゃダメだっぺ!
偽装がバレて、なまりも出ちゃったイリヤちゃん。
わりとドジっ子なのかな。

大きさなんか関係ないといと、良介を何を見せてるの( ̄▽ ̄)
イリヤちゃんに鼻血が出るほど殴られたしw




それで、噂の図書室で集会を開く八奇衆の一人って良介だったしw
八奇衆ってなんなの~!?
本当に特異者と関係あるんでしょうかね(´▽`*)

 
⇒ 本館ブログの記事に戻ります♪
 
関連記事

テーマ : だから僕は、Hができない。 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  未分類  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |